飢餓から身を守ろうとする本能が人間には備わっているのをご存知だと思います。
これはダイエットを行う上で充分に把握しておかなければならないことです。


飢餓状態とは、食べる量を控えたり、1品だけの食事を繰り返したりといった
栄養素の摂取不足も含めた状態になります。
ダイエットなら食事制限の状態ですね。


どのような状態になるかというと、食べる量を控えると、脂肪の消費量も抑えてしまう事です。
この作用は、食べなくても何故か痩せていかないという現象をもたらします。


また、少し食べて、後は我慢しようとしても、逆に食欲が増してしまうことがあり、
食べるのを我慢できなくなってしまう例があります。


これらは、常に現在の状態を保っておこうとする、
代謝をコントロールする本能が働くためです。
そして、この状態は生命維持に関わってくるので、自分では制御することはできません。


こういった本能と上手に付き合うためには、食べても太らない方法を身に付けることです。
本来、不可能であるかのように聞こえますが、人間生理学的に納得できる手法があるのです。


人間の本来の細胞の力を利用し、飢餓状態とは逆に、身体の細胞が常に栄養素を必要とする状態を作り出すのです。
つまり、栄養素を節約して使い惜しみする事無く、どんどん消費してしまう非常に活性化された状態を作り出す事が可能なのです。


しかもこれを体質として定着させてしまう為、リバウンドにも強く少々の食べ過ぎなど、たちまち無かった事にするほどの効果を発揮します。


人間、誰しも食欲と言う本能には勝てません。
ならば、食べた分のカロリーは消費する体質を作り、本能に逆らわずに
ストレスの無いダイエット法をマスターしましょう。


代謝をコントロールしてストレスのないダイエット法を実践
携帯サイトの方はコチラから


» 続きを読む