So-net無料ブログ作成

ストレス太りのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:ストレス太り

ストレス太りのカテゴリ記事一覧。皮下脂肪の落とし方はミトコンドリアを増やすし背中の贅肉や体脂肪率を落とし食べても太らない体質改善をし食べなくても太る体からリバウンドしない毎日続けられるダイエットを実践するのです

ストレス太り
ストレスを溜めるのはダイエットの障害になるということはよく言われています。ではなぜよくないか考えてみたことはありますか?その理由に、ストレスは自律神経の働きを鈍..

記事を読む

ストレス太り
ストレス太りは必ずしも真実ではありません。ストレスによる食事の乱れがエネルギーを生成する機能を最大限に活かせないことからです。使われなかった栄養素は脂肪となって..

記事を読む

ストレスと肥満の関係


ストレスを溜めるのはダイエットの障害になるということはよく言われています。
ではなぜよくないか考えてみたことはありますか?


その理由に、ストレスは自律神経の働きを鈍らせてしまうということと、
ストレスを溜めると酵素がたくさん使われてしまうということが挙げられます。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は日中働く神経となっています。
カラダを活発にして、脂肪を燃焼させる働きもあります。
そして副交感神経は夜やリラックスしている時に優位になって眠りを誘う神経で、こちらは脂肪を溜め込む働きをしてしまいます。

交感神経と副交感神経が昼と夜でキチンと入れ替わることが自律神経が安定している状態です。
昼は活動的に動いて脂肪を燃焼し、夜はココロを落ち着かせてリラックスしよい眠りに入るのが理想ですね。
でももしストレスを溜めてしまうとこの切り替えがうまくいかなくなってしまいます。
昼なのに眠くなって脂肪を溜め込んでしまったり、反対に夜なのに眠れなくなってしまいお腹もすいて食べ物を食べてしまったり‥。
そして寝不足になると脳の満腹信号が働かなくなるので、満腹感を感じなくなり食べすぎてしまうことにもなります。

肥満を作ってしまう原因はこんな日常の積み重ねにもあります。
ダイエットに大事なのはストレスを溜めずに自律神経を安定させることなのです。

» 続きを読む

仕事でストレス太り

ストレス太りは必ずしも真実ではありません。ストレスによる食事の乱れがエネルギーを生成する機能を最大限に活かせないことからです。使われなかった栄養素は脂肪となって蓄積されることになるのです。

社会人ともなれば、いろいろな場面に遭遇します。
学生時代には考えもしなかったようなことで、
かなりのストレスを抱えたりしていませんか。


食べても太ることがなかった学生時代なのに、
就職してから太り始めたのはストレスのせいかもしれないと考え始めていませんか。


ストレスは交感神経と副交感神経のバランスを崩してしまいます。
すると体の機能がうまく働かず、不眠症になったり、
女性の場合ならばホルモンバランスが乱れるなどの現象が証明されています。


しかし、これが太る原因と直結しているとは言い切れないのです。
というのも、ストレスで痩せる人もいるからです。


ストレスを抱えるほどの仕事量をこなしている方は、大抵、食事の栄養素が乱れがちです。
食べたり、食べなかったり。とか思えば、高カロリーの食事を大量に摂取したり…。
食事制限でダイエットしているケースと、食生活自体は、あまり変わらないのではないでしょうか?


バランスの取れた食事で痩せる

» 続きを読む

Copyright © 皮下脂肪の落とし方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。