So-net無料ブログ作成

睡眠不足 肥満のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:睡眠不足 肥満

睡眠不足 肥満のカテゴリ記事一覧。皮下脂肪の落とし方はミトコンドリアを増やすし背中の贅肉や体脂肪率を落とし食べても太らない体質改善をし食べなくても太る体からリバウンドしない毎日続けられるダイエットを実践するのです

睡眠不足 肥満
眠りのゴールデンタイムに熟睡していれば、痩せやすいカラダ作りができます。夜更かしせずに早く眠る習慣をつけませんか。あなたはちゃんと睡眠が取れていますか?睡眠不足..

記事を読む

睡眠不足 肥満
睡眠不足は太りやすい傾向にあり肥満につながります。成長ホルモンは熟睡が条件、日中の活性酸素で傷ついた体、老廃物の解毒は痩せやすいカラダに寝不足は大敵です。満腹中..

記事を読む

眠りのゴールデンタイム

眠りのゴールデンタイムに熟睡していれば、痩せやすいカラダ作りができます。夜更かしせずに早く眠る習慣をつけませんか。




あなたはちゃんと睡眠が取れていますか?
睡眠不足の方は注意が必要です。


寝不足が続くと困ったことが起きてしまいます。
満腹中枢が眠りと関係しているから空腹感を感じやすくなったり、
たくさん食べても満腹感を感じなくなるそうです。

そして寝不足はアンチエイジング効果が働かないので、お肌の状態も悪くなります。
寝不足の次の朝ははファンデーションののりが悪くなったりしますね。


夜更かしするとお腹がすくのでつい食べてしまい、それが脂肪になります。
あとは寝るだけの胃に食べ物を入れると眠れなくなってしまうこともありますよね。
次の日は満腹中枢がうまく機能しないので、食べても食べても満腹感を感じられません。
寝不足気味の方はこんな悪循環に陥っているのです。


» 続きを読む

睡眠不足と肥満

睡眠不足は太りやすい傾向にあり肥満につながります。成長ホルモンは熟睡が条件、日中の活性酸素で傷ついた体、老廃物の解毒は痩せやすいカラダに寝不足は大敵です。満腹中枢も狂い、空腹感を感じやすくなります。



美しいカラダとお肌は寝て作られる。これは過言ではありません。

アメリカで肥満と睡眠について調査をしたところ、睡眠時間が6時間以下の人は
太りやすい傾向にあると、何かの記事で読んだ事があります。

昔のことわざに「寝る子は育つ」とありましたね。
最近になってあれは言いえて妙だと感じます。昔の人の言うことは正しいと言うけれど
本当ですね。

さて、あなたの睡眠状態はどんな感じでしょうか?
何時位に寝て、何時位に起きるのでしょうか?
熟睡できている感じはありますか?目覚めはスッキリしていますか?
ついつい夜更かししていると、食べなくていいものを食べたりしてしまう経験ないですか?夜中って深夜番組を見ているとなんだか、おやつを口にしたくなるもの。
不思議ですね。
起きていなければ食べなくてすむものをあえて、食べるのは夜更かしが
原因のひとつかもしれませんね。
そしてあとは寝るだけの時に胃に食べ物を入れると眠りの邪魔をしてしまいます。
つまり内臓を働かそうと脳が絶えず指令を送りますのでしっかりと休みきれないのです。
そして何より寝るだけですので、エネルギーを使わないから食べたものはちゃっかり貯蓄。
同じカロリーのものを食べてもお昼より夜の方が脂肪になりやすいのです。

こんな貯蓄はしない法が良いですよね。

皆さんなら充分ご存知かと思いますが美容の基本。
あえて言いますと
眠りのゴールデンタイムは22時から深夜2時と言われています。

この間に眠りにつくとどんないいことがあるのでしょうか?


» 続きを読む

Copyright © 皮下脂肪の落とし方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。