So-net無料ブログ作成
検索選択

内臓温度のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:内臓温度

内臓温度のカテゴリ記事一覧。皮下脂肪の落とし方はミトコンドリアを増やすし背中の贅肉や体脂肪率を落とし食べても太らない体質改善をし食べなくても太る体からリバウンドしない毎日続けられるダイエットを実践するのです

内臓温度
内臓温度が低いと冷えやむくみにつながり太りやすいカラダのなってしまいます。お腹を温めて、内臓温度を上げることを意識しましょう。内臓温度という言葉を聞いたことがあ..

記事を読む

内臓温度
内臓温度を上げて、免疫力や代謝をよくすればダイエットがうまくいきます。お腹を温めることを意識してみませんか。あなたの平均体温は何度でしょうか。日常的にご自分の体..

記事を読む

内臓温度を上げる

内臓温度が低いと冷えやむくみにつながり太りやすいカラダのなってしまいます。お腹を温めて、内臓温度を上げることを意識しましょう。



内臓温度という言葉を聞いたことがありますか?
内臓の冷えは美容に影響します。

内臓が冷えているとどうなるかというと‥
まず冷えやむくみにつながって太りやすくなります。
それだけではなく、ココロにも影響してきてプチうつになってしまうことあり、
なんとなくやる気がおきないとか面倒くさいという症状が出てきたりするのです。


内臓温度は自律神経にも影響しているため、内臓温度が下がると体温が下がってエネルギーを使わない
太りやすい体になってしまいます。

自立神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は日中活動的な時に働き、
夜はリラックスモードの副交感神経に変わります。
正確に言うと、起きてから12時間は交感神経が優位になり、夕方以降は副交感神経が優位となるのです。

これが、正常な自律神経の働きなのですが、内臓温度が下がっていると、
副交感神経が過剰に緊張してしまい、交感神経の働きも悪くなってしまうのです。
また、心拍数や体温も下がり全体的に「エネルギー」を使わなくなります。

それは動物が冬眠する前のようです。
冬眠すると食べ物が入ってこないので、しっかり脂肪を溜め込みあまり使わないようにします。
だから太りやすいカラダになるということなんです。

» 続きを読む

 カテゴリ

内臓温度を上げることを意識する

内臓温度を上げて、免疫力や代謝をよくすればダイエットがうまくいきます。お腹を温めることを意識してみませんか。

あなたの平均体温は何度でしょうか。
日常的にご自分の体温を測っていますか?
女性なら排卵日予測なども出来るので体温をで測られている方も多いかと思います。


体温は36度8分から37度位の平均がよいといわれています。
これは微熱ぐらいの体温ですよね。
あなたの体温が36度だとしたら37度は1度の差があるのでかなりしんどく感じるかもしれません。

体温は高い方が免疫力が強いそうです。
そして体温が高い方が痩せやすいカラダになりアンチエイジング効果も高くなります。

さらに内臓温度はお腹の表面から皮下約8センチの温度で、平均値は37.2から38度と言われています。
実験で最近の女性達の内臓温度を測ったところ、35度台が多いということがわかりました。
これは、雪山で遭難している人と同じぐらい低くく、生命を維持するにもギリギリなのです。

» 続きを読む

Copyright © 皮下脂肪の落とし方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。