So-net無料ブログ作成

寝ても痩せるのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:寝ても痩せる

寝ても痩せるのカテゴリ記事一覧。皮下脂肪の落とし方はミトコンドリアを増やすし背中の贅肉や体脂肪率を落とし食べても太らない体質改善をし食べなくても太る体からリバウンドしない毎日続けられるダイエットを実践するのです

寝ても痩せる
良い睡眠を取ると脂肪を分解して燃焼させるホルモンを分泌されます。納豆などの大豆類も摂るようにして、キレイなカラダ作りをしませんか。あなたは毎日よい睡眠を取ってい..

記事を読む

寝ても痩せる
基礎代謝量を増やすことで消費カロリーを上げることができます。食事制限をすることなく脂肪を燃焼させ寝ながらでも痩せることができる体質改善をしましょう。食べてすぐに..

記事を読む

寝ても痩せる
基礎代謝とは動いていない時に使うエネルギーのことですが基礎代謝が高ければ寝ていても痩せるカラダになると言われています。人間は動かないでじっとしているときでも胃や..

記事を読む

良い睡眠を取ってキレイになる

良い睡眠を取ると脂肪を分解して燃焼させるホルモンを分泌されます。納豆などの大豆類も摂るようにして、キレイなカラダ作りをしませんか。


あなたは毎日よい睡眠を取っていますか。
起きたときに疲れが取れていて、スッキリさわやかになっているのが良い睡眠です。
たとえ十分な睡眠時間が取れても、なんだか疲れが取れなくてボーっとしているなら良い睡眠とは言えません。
反対に少ない時間でもスッキリしているならそれはよい睡眠と言えます。

もしとても疲れていて頭が回転しないようなら、まず眠ることが大事です。

質のよい睡眠を取ることで、まだ片付いていないいろいろなことが解決されていくと思うのです。
眠っている間は頭の中でいろいろな考えを整理しています。
そして傷ついた細胞が再生したり新しく生まれ変わったりします。
そう考えると眠りというものはとても神秘的ではありませんか。

質の良い眠りにするために工夫するのは、自分の人生において大切なことではないでしょうか。
質の良い眠りは、脂肪を分解して燃焼させるホルモンを分泌するのです。
これは成長ホルモンといわれ、年齢と共に減っていきます。

» 続きを読む

寝ながら痩せる

基礎代謝量を増やすことで消費カロリーを上げることができます。食事制限をすることなく脂肪を燃焼させ寝ながらでも痩せることができる体質改善をしましょう。

食べてすぐに寝ると牛になる

相撲取りが、食後に横になる話は有名ですが
別に食べてすぐに横になるから太るわけではありません。
逆に寝ているときこそ、痩せるチャンスなのです。

どうして寝ている時こそ痩せるチャンスなのでしょうか?

寝ている間に痩せる方法 詳細はこちら

この画像を冬眠前の熊だと思ってください。

ご存知の通り、熊は冬眠をして冬を越します。
その間、食事を摂ることもなく
身体に蓄えた養分、脂肪を消費しながら生命を維持しています。

冬に冬眠して、数ヶ月
春になって巣から出てきた時の体重は2/3位になっているそうです。
なぜこんなに体重が減っているのでしょう?

これは寝ている間にカロリーを消費するからですよね。
誰もが知っていることですが
これを人間に置き換えてみましょう。

身体に脂肪を蓄える仕組みは
熊と人間とは同じです。

そして人間も、寝ている間にカロリーを消費しているのです。

では、寝ている時のカロリー消費量を増やせたら、熊と同じように
目覚めた時に脂肪が減っているのでは・・・と思いませんか?
実は、その通りなのです。

» 続きを読む

食べても寝ても痩せる


基礎代謝とは動いていない時に使うエネルギーのことですが
基礎代謝が高ければ寝ていても痩せるカラダになると言われています。


人間は動かないでじっとしているときでも胃や腸、そして心臓や肺などの内臓は活動しています。
そしてカラダは体温調整も自動的にしてくれているのです。
その時に使うエネルギーが基礎代謝なのです。

人間の使うエネルギーの7割が基礎代謝なので、この基礎代謝が高ければ高いほど
使うエネルギーが大きいということになります。

そして運動や家事などはたくさんエネルギーを使っているように思われますが
その活動量はたったの2割です。
ということは基礎代謝が高いと寝ていても痩せるカラダだということなのです。

» 続きを読む

Copyright © 皮下脂肪の落とし方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。