「酒は百薬の長」という言葉がありますが、あなたはお酒が好きですか?
でも美容と健康のため、大量に飲むのは注意が必要です。

ではどんなことに注意すればよいかというと、
それはお酒を飲むときは必ずおともをつけるということです。

おともには枝豆やお豆腐、お魚などのたんぱく質やお野菜がオススメです。
これらの食材は血糖値を急激に上げないようしてくれるからです。
血糖値の急上昇は太りやすいカラダを作り、美容や健康にもよくありません。

またお酒を飲むと顔が赤るなる方は、飲み過ぎないようにしましょう。
お酒を飲んで顔が赤くなるということはアルコールの分解酵素が生まれつき不足していると考えらるから、
大量に飲むと肝臓に負担がかかる可能性が高いのです。
肝臓は毒を分解する働きをするので、美容と健康の害になるものを処理してくれる大事な器官です。
なので負担をかけるということは美容と健康を損なうということに繋がってしまいます。

反対にお顔に出ないあなたはアルコールの分解酵素が多いのかもしれません。
だからといって毎日飲むのはよくないのでたくさん飲んだ次の日は
必ず肝臓をお休みさせてあげることが大事です。

» 続きを読む