昔のことわざで「トマトが赤くなると医者が青くなる」というのがあります。
トマトが健康によい食材だと言われる理由をご説明していきます。

トマトのことを漢方では「清熱解毒作用」と言っているそうです。
それは血液を浄化し、さらに脂肪の消化を助けるからです。
血液をサラサラにして脂肪を減らす働きがあるということなんです。

さらに血圧を下げて血管を丈夫にして、お肌をキレイにしてくれる作用もあります。
トマトはカラダを健康にし美容にもよく、ダイエットを成功に導いてくれる食べ物なのです。

またトマトの成分にリコピンというものがあります。
このリコピンは赤みを持っているカロチンの一種で、
老化や病気の原因になると言われている活性酸素を抑制してくれます。

活性酸素は年齢と共に増えていきます。
そして激しい運動をする人や長時間紫外線にあたる人、またたばこを吸う人は特に増えやすいと言われています。
この活性酸素を抑制してくれるトマトの成分はありがたいものですね。

» 続きを読む