一日のうちで一番脂肪を溜め込みにくい時間帯があるのをご存知ですか。
お菓子を食べるのがやめられない方、甘いものがやめられないなら
この時間帯に食べるようにすると太らないというお話です。

まず自律神経の説明します。
昼は交感神経が働いていて夜になると副交感神経が働くようになります。

交換神経は活動を促す活発な神経で、これが働いている時は脂肪をエネルギーにかえやすい状態です。
副交感神経は休憩モードでのんびりしようとしているため脂肪は溜め込みやすい状態になります。
スイッチで言うと交感神経はオン、副交感神経はオフですね。

お昼は交感神経の働いているので夜よりも食べたものをエネルギーとして使いやすくなります。
ダイエットしている時はなるべく夜食べるのを控えましょうと言われるのはそのためです

次に「ビーマールワン」というものをご存知ですか?
このビーマールワンは、食べたものを脂肪に蓄えようとするのでダイエットの障害です。
そしてビーマールワンの活動は1日の中で活発な時とそうでない時があるります。
活発ではない時間は食べたものが脂肪に蓄積されにくくなるのでを上手に利用すればいいのです。

» 続きを読む