暖かいところで甘くて冷たいアイスクリームを食べるとき、幸せを感じませんか。

でも甘いものなどの糖分は血糖値を急激にあげて太りやすくなるため、美容にはよくないですね。
そしてアイスクリームは冷たいのでさらにカラダを冷やしてしまいます。

人間は疲れているときなど特に、甘いものをおいしいと感じてしまいます。
それはセロトニンが分泌されるからなので、幸せを感じてしまうのもムリはありません。

幸せホルモンと言われるセロトニンは男性より女性の方が分泌が少ないので、
女性は男性よりも甘いものを求めてしまうと言われているのです。

アイスクリームだけではなく通常よりもたくさんお砂糖を摂取してしまうものに清涼飲料水があります。
冷たいジュースもおいしいと感じてごくごく飲んでしまいますよね。
このジュースなどの清涼飲料水にはどれくらいのお砂糖が含まれているるかというと‥

なんと500ミリリットルのペットボトル1本にスティック砂糖12~13本ぐらいなのです。
果汁100%のジュースだとしても果糖が含まれていて甘いと感じるのでどうようです。

冬は暖かいお部屋でこたつに入ったりしますが、のどが渇くとジュースやアイスクリームを食べたくなってくるものです。
そしてこたつにはいると動きたくないので、こたつの周りに全てのものをおいてしまうという環境になっていませんか?

» 続きを読む